凡人の最強の働き方

Pocket

ファンキージョージです。

みなさんガンガン働いていますか?

おれはバシバシ自分にムチを打つつもりで働いてます(ウソ)

そんなつもりはなくても毎日どしどしやってます(笑)

RyanMcGuire / Pixabay

そうそう今日のテーマの凡人の最強の働き方を書いていきます。

前にアメリカにいったときに現地の知り合いから話を聞いた一見、ジョークみたいで本当の話です。

その知り合いは金融関係ですごく仕事ができるアメリカ人です。どっかのハーフやら~系アメリカ人と言っていたけどお酒飲んで忘れました(笑)

あれはニューヨークに行ったときに、マンハッタンから少し離れたカフェでその知り合いと話をしていたんですね。

それで仕事の話をしていたら、

「おいジョージ最強の働き方を教えてやろうか」と

言われたんで、普通に知りたいじゃないですか。

それで教えてくれと言ったんです。

そしたら、あいつを見ろよって言ったんです。

おれが目の前の道路を見てみたら、汚い格好をしている40代過ぎの男がいたから、「あいつのことか?」と聞いたんですね。

「そうだ」と知り合いがいうので、おれは「あんな汚い服着たやつが最強の働き方と何の関係があるんだよ?」って聞いたんだ。

そしたら、麻薬やってるやつは最強だと答えたんだ。

危険な話に聞こえるけど、麻薬中毒者は麻薬がほしいから、お金を集めるのに必死に仕事をするというわけなんだとさ。

凡人だけど、長時間、みんなが嫌な仕事でもなんでも集中してやろうとする。

だからお金が法外な値段の麻薬でも手に入れられるほど稼ぐということらしい。

中毒だから、手に入れるまで働き続けるらしい。

なんとも言えないオチだけど、長時間、毎日、人がやらない嫌で面倒なことでも仕事としてできればそれは確かに凡人でも稼げるでしょうね。